日焼けサロンでの皮膚がんやシミへの影響は?


「日焼けサロンで体を黒くしたい」

でも、皮膚がんやシミになるのはイヤですよね。

環境省の「紫外線による健康影響」によると、以下の病気に紫外線が関係していると考えられています。

【急性のもの】
・日焼け(サンバーン・サンタン)※サンバーンとは、皮膚が赤くなる症状のこと ※サンタンとは、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること、つまり黒くなること
・紫外線角膜炎(雪目)
・免疫機能低下

【慢性のもの】
・シワ(菱形皮膚)
・シミ、日光黒子 ※黒子とは、ほくろのこと
・良性腫瘍
・前がん症(日光角化症、悪性黒子)
・皮膚がん

・白内障(※物がかすんだり、ぼやけて見えたりする症状)
・翼状片


ただし、紫外線にも「A」と「B」という種類があります。
そのうち皮膚がんを引き起こすと考えられているのが「UV-B」というBの紫外線です。

「UV-B」は、DNAを傷つけます。
傷つけられたDNAは、元の姿に戻ろうとします。
しかし、何度も傷ついていくうちに、直し間違いが起こり、
突然変異が生じることがあるそうです。

それが紫外線による皮膚がんの原因と考えられています。
つまり、UV-Bを浴びるのは避けるべきなのです。

その点、日焼けサロンでの日焼けは、このUV-Bをカットしています。


日焼けサロンでは、「UV-A」というAの紫外線をあてることで肌の色を黒くさせます。
この「UV-A」なら安心かと思いきや、実はシミを注意しなければなりません。

WHO(※世界保健機関)によると、UV-Aの浴び過ぎは、水疱やシミなどが起こる可能性があると言っています。



そのため日焼けサロンの多くは、「目や皮膚に障害を与えることがある」といった注意事項を提示しています。

また長時間の利用を禁止し、紫外線の強度や利用時間の目安を守るよう促しています。


以上のことから、日焼けサロンで、「短期間で急激に焼こうとするのは危険」といえます。これは海など屋外で焼くのも同様です。じっくりと時間と回数をかけて、黒くしていくことが大切です。


もし、短時間で肌を黒くしたいのであれば、「小麦肌」というローションが便利です。

「手っ取り早くキレイな日焼け肌になりたい」
「でもシミやシワになりたくない」

という方のための肌に負担がないローションです。

全身でも顔だけでも日焼け色にすることができます。
塗って5時間ほど放置しておけば日焼け色の完成です。

「海に行ったの?」
「いい感じに焼けてるね」

といわれるほどの自然な日焼け色になれるので、紫外線を浴びるのが不安な方は、こちらをおすすめします。

▼ ローションはこちら ▼